読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬ブログ「なか☆にっき」

競馬について考えたことやレースの感想などを書いています

エイシンフラッシュ

名馬シリーズ

今年、2016年のクラシックはタレントがそろっており、はじまるのがとても楽しみだという声をよく聞きます。こんなに楽しみなのは2010年以来だという人もいます。


ハイレベル世代と言われた2010年のダービー馬を勝利したのがエイシンフラッシュです。ダービーのエイシンフラッシュは7番人気の伏兵でした。当時はヴィクトワールピサやペルーサなどを差し置いて、ダービーを制したときは「空気を読めない」と思ったものです。有馬記念でディープインパクトに勝ったハーツクライやTTG世代のクライムカイザーを思い出しました。空気の読めるビワハヤヒデとは逆のタイプだな、と。

しかし、のちのエイシンフラッシュの活躍を見ると、2010年世代のダービー馬が、この馬でよかったと心底思います。


この世代の上にはブエナビスタ。下はオルフェーヴルがいます。上下の世代は、異次元の実力を持つ一頭を中心に回る世代で、エイシンフラッシュの世代は怪物クラスはいない代わりに、高い実力を持った数頭がしのぎを削る世代。

この世代で一番輝かしい戦績を収めたのはヴィクトワールピサで、総合的な実力はやはり世代No.1だったと思います。TTG世代のトウショウボーイのポジションでしょう。

エイシンフラッシュは上下の世代にスゴイ馬がいて、同世代でも一番ではなかったけれどGⅠを2勝あげました。3歳のダービーと5歳の天皇賞(秋)です。そしてGⅠ2着が2回、3着が4回。6歳まで現役を続け、4年にわたりトップと渡り合ってきた実力はたしかなものです。

近年はロジユニヴァース、ディープブリランテ、キズナなど、古馬になってから精彩を欠いたり、3歳で引退するダービー馬が多いので、なおさらエイシンフラッシュの偉大さが浮き彫りになります。

とくに5歳時に制した天皇賞(秋)は同世代のヴィクトワールピサが引退し、ヒルノダムールやペルーサも戦線離脱(ヒルノダムールはのち引退)、ローズキングダムが精彩を欠くなかで、世代の意地を見たような気がしました。

はじめはクライムカイザーみたいな馬かと思っていたら、TTが引退したあとに有馬記念を勝ち黄金世代の意地を見せたグリーングラスのようだなと評価が変わりました。

もっともグリーングラスは野武士とか第三の男と言われた渋めの菊花賞馬でしたが、エイシンフラッシュは黒光りする馬体と、その名のとおり閃光のような末脚で、華やかな印象を受けるダービー馬ですが。

誰よりも切れるけれど一瞬しか使えない、使いどころの難しい必殺技のような末脚は漫画の主人公のようでかっこよかったです。秋天での天皇陛下への敬礼なども、じつに絵になっていたと思います。


種牡馬としてのエイシンフラッシュですが、成功する可能性は高いと思います。

父系はキングマンボ系でキングカメハメハが大成功かつ孤軍奮闘している系統。母系は世界的に注目をあつめているドイツ牝系。サンデー系の血が流れていないのに、サンデー系を凌駕する瞬発力。6歳まで一線級で走り続けたタフネス。

これで成功しないはずがないと思います。仮にわかりやすい成功を収めることができなくても、傍流血統を多く含む血統構成は、血統表に入れておいて損はないのではないでしょうか