読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬ブログ「なか☆にっき」

競馬について考えたことやレースの感想などを書いています

安田記念 2016年

ロゴタイプがあのモーリスを降し、見事復活してくれました。3年ぶり、皐月賞以来の久々の勝利がGⅠというのがスゴイですね。父ローエングリンもそうですが、GⅡやGⅢでは強いのにGⅠでは一歩たりないという馬はいままでたくさん見てきました。しかし、ロゴタイプはその逆ですね。
皐月賞を勝ったときはあと1つか2つはGⅠを勝つだろうと思ったぐらい強かったですが、どこで歯車が狂ってしまったんですかね?
勝てない続きで自分の中の評価は「並の重賞馬」ぐらいの感覚になっていましたが、まさかここであの絶対王者を倒してしまうとは…
モーリスは海外遠征帰りで、右回りよりは不得手と言われている左回りですから、勝つにはここしかないというタイミングだったとも思います。
田辺騎手の好騎乗も印象的な、いいレースでした。

ロゴタイプの血統は、父系は日本ではあまり元気がないサドラーズウェルズ系ですし、応援したくなりますね。同じ系統ばかりが勝つのはつまらないですから、種牡馬入りも楽しみです。水を差すようなことを言えば、母父のサンデーサイレンスがあと一代前ぐらいだったらなぁとも思いますが。

日本ダービー 2016年

レース予想・結果 トウカイテイオー

マカヒキが勝ちましたね。よりによってマカヒキですか。
ダービーはウォッカあたりから末脚重視のレースになってきた印象を受けます。なので妥当な結果だとは思うのですが、ディープインパクト産駒で金子オーナーのもち馬ですから感動はないですね。自分は浪漫派ですから、蛯名騎手の悲願と母系にドラマがあるディーマジェスティ、あるいはサンデー系全盛期に他系統で互角以上に張り合うキングカメハメハ産駒で母シーザリオのリオンディーズの勝利が見たかったです。
今回3着だったディーマジェスティですけど、凱旋門賞に出るのでしょうか?母系にブライアンズタイムとサドラーズウェルズが入ってるんでパワーはあるでしょうし、ディープインパクト産駒とは思えないほど無骨な印象を受ける馬体には、逆に本物っぽい風格を感じます。3歳ですし、こういうタイプのほうが意外といいんじゃないでしょうか。それにしても金子オーナーはスゴイですね。ディープインパクトとアパパネで牡馬、牝馬両方で三冠馬のオーナーになり、今回マカヒキでダービーを親子制覇。キングカメハメハを合わせるとダービー3勝ですか…どんだけ前世で善行をつんだのか…

あと今回気になったのは、ブレイブスマッシュのボロ負けですね。無気力騎乗だったんじゃないかともっぱらのウワサなんですがどうなんでしょう?

母父トウカイテイオーなんで、現役馬で一番好きなんですが、ちょっとやるせないですね。マジメに走っても順位は下から数えたほうが早かったとは思いますが、どうにかならなかったんでしょうか?
そもそもダービーに出走という選択がどうかとも思いますし、安田記念に出てほしかったなぁ…
島川オーナーの自家生産っぷりが、自分のところの馬への愛情を感じて好感をもっていたのですが、ちょっとがっかりしました。

記憶が正しければトウカイテイオーの血を引く馬で、ダービーに出走できたのはマイネルソロモンとブレイブスマッシュだけ。2頭とも最下位ってのはやるせないですね。

サラブレ2016年6月号本日発売

お知らせ サラブレ

サラブレ6月号は本日発売です。

血統史たらればなしで扱っているのは

  • スワップス
  • スウェイル

の2頭です。スワップスは絶望的な骨折から生還し、種牡馬として成功したカリフォルニアの名馬です。

スウェイルは良血の米二冠馬でありながら早世してしまったシアトルスルー系の名馬です。

今月のサラブレはPOG特集ですし、必読ですよ~

ドゥラメンテ

名馬シリーズ

先日、ドゥラメンテがドバイシーマクラシックで2着しました。一着のポストポンドはキングジョージ6世&クイーンエリザベスSを勝っている超一流馬で、仮に落鉄していなくても勝てたかどうかという相手です。

ドゥラメンテは秋は凱旋門賞を目指すようですがポストポンドと再戦となると厳しい戦いになりそうです。

父系は凱旋門賞に強いキングマンボ系ですが、それだけではロンシャンの2400が合うかわかりません。種牡馬キングカメハメハは芝・ダート問わずスプリントから2400までGⅠを勝っている万能種牡馬ですが、芝3000は勝っていませんし、そこまでスタミナがあるタイプって感じはしませんね。キングカメハメハ自身も菊花賞を回避し秋天を使おうとしていましたし、タフなロンシャンが向くのだろうかという懸念があります。同じキングマンボ系で凱旋門賞2着のエルコンドルパサーは、母父がサドラーズウェルズでしたが、ドゥラメンテはサンデーですのでロンシャンではむしろマイナス材料っぽい印象を受けます。

適性の不安は拭えませんが、見事凱旋門賞を制覇し、杞憂に終わってほしいものです。

10年前、ディープインパクトが凱旋門賞に挑んだときは、父母ともに海外から導入した馬同士の配合で生まれているので、勝っても日本の勝利とは言えないだろ、と思っていました。

対照的にオルフェーヴルのときは、もし勝ったら日本の勝利と胸をはって言える血統だと思いました。母父のメジロマックイーンは純国産と言っても過言ではない血統ですから。

そして、今回のドゥラメンテですが、もし勝ったら日本の勝利というよりは「社台の勝利」って感じがする血統ですね。牝系に代々付けられているのは、その時代の社台で最高の種牡馬だからです。


ノーザンテースト→トニービン→サンデーサイレンス→キングカメハメハ


キングカメハメハは日本で走りましたが、持ち込み馬ですし、日本の馬って感じはあんまりしません。好きな馬ですけどね。

オルフェーヴルも代々社台馬の配合ですけど、メジロマックイーンは繁用地が社台というだけで、メジロ牧場の馬って印象があまりに強いです。


ノーザンテースト→メジロマックイーン→ステイゴールド


そのせいか社台っぽい感じがしないんですよね。ステイゴールドも生産は社台系ですけど、繁用地はブリーダーズスタリオンステーションとビッグレッドファームですし、あまり社台っぽい感じがしません。

種牡馬展望

ドゥラメンテは主流血統のかたまりですので、付ける相手が限られて苦戦するようなきがします。逆に言えば、傍流血統の牝馬に付ければ、いきなり現代日本仕様になりそうですがそんなに簡単なものでもないですかね?

ドゥラメンテは直仔ではなく血統の3、4代あたりにで真価を発揮すると思います。

母のアドマイヤグルーヴはアドマイヤベガやハーツクライとニアリークロスが狙えますし、ドゥラメンテ自身もローズキングダムやルーラーシップとニアリークロスを狙えます。ドゥラメンテの血統を使って効果的な配合を狙えるようになる頃には、日本馬も凱旋門賞を勝っているのではないでしょうか

2016年 皐月賞

アンケート レース予想・結果

どーも、インフルエンザで関節がとっても痛いなか☆ねっちです(´・ω・`)

皐月賞のアンケートをとってみました

いつもアンケートを取ると集まるのは100票前後なのですが、今回は168票。それだけでも、世間的な注目を集めているということがわかります。

リオンディーズが以外はほぼ横並びですね。エアスピネルも選択肢に入れたかったのですが4択までなので断念しました。

リオンディーズとサトノダイヤモンドとメジャーエンブレムでどの馬が強いかアンケートしたときはサトノダイヤモンドが一番票を集めました。

nakanet.hatenablog.jp

今回はリオンディーズに逆転されているのは、やはり間があいているローテーションが嫌われているのでしょうか。

弥生賞でも後塵を拝したマカヒキによりも票を集めているのは、前走がいかにも試走って感じだったからですかね?

ここまで評価が割れるとただでさえ楽しみなクラシックがさらに!ですね!

2016年 皐月賞結果

ここに来て、まさかのどんでん返し。

伏兵・ディーマジェスティが強い勝ち方をしましたね。2着以下は人気馬で決まりましたけど。

遅れてきた大物・ディーマジェスティはダービーでも最有力候補になりそうですね。